用語説明

◎ 賃貸の知識
○ 高齢者居住法

高齢者の居住の安定を図るために制定された法律です。

(1) 高齢者向けの貸家については、バリアフリー化するための整備や家賃の減額に対し補助が受けらます。
(2) 登録された「高齢者の入居を拒まない貸家」については閲覧できるほか、その登録貸家については入居高齢者の家賃滞納につき高齢者居住支援センターの債務保証が利用できます。
(3) 高齢者が貸家に住みつづけられるように、借主が死亡したときに終了する旨を定める終身建物賃貸借(生涯借家)という新しい形式の借家契約をすることができるようになりました。
(4) (財)高齢者住宅財団が、国土交通大臣により、高齢者居住支援センターとして指定されています。

 

―「住宅賃貸借(借家)契約の手引き」(財)不動産適正取引推進機構編集発行より―